ソメイヨシノ

ソメイヨシノ(バラ科) 学名:Cerasus × yedoensis

【樹種の特徴】
江戸中期に生まれたソメイヨシノは、関東地方に自生するエドヒガンとオオシマザクラの交雑から生まれた江戸っ子のサクラといってよいでしょう。現在では、サクラの開花前線という春の訪れを実感させる風物詩として親しまれています。
【見どころ・エピソード】
グラウンド時に広い空間にのびのびと枝いっぱいに広がった傘型の樹形は雄大で、春には「霞か雲か」という表現がぴったりなほど美しく咲き誇ります。
ケヤキ同様、グラウンド開場時に有志たちの出資により植樹されました。

※表示されているマップのうち、西側、南側の公園と道路の一部は、土地区画整理事業に基づき、区に移管されたもので、パークシティ浜田山の敷地ではありません。