シデコブシ

シデコブシ(モクレン科) 学名:Magnolia stellata

【樹種の特徴】
岐阜、愛知などの限られた東海地域の湿った土地を好み、早春に直径10cmくらいの淡桃色の花を咲かせます。名前の由来は、花びらの様子が、紙を切ってしめ縄などに垂れ下げる「垂・四手(シデ)」に似ていることからつけられました。
【見どころ・エピソード】
この樹木は、植栽されたシデコブシとしては極めて大樹であり、植物関係者でもその大きさに目をみはるほどです。グラウンドの歴史を伝える1本と言えます。
樹の周りが開けているので、傘型の樹形も見事です。

※表示されているマップのうち、西側、南側の公園と道路の一部は、土地区画整理事業に基づき、区に移管されたもので、パークシティ浜田山の敷地ではありません。