セイヨウトチノキ

セイヨウトチノキ(トチノキ科) 学名:Aesculus hippocastanum

【樹種の特徴】
ヨーロッパではマロニエとして知られ、街路樹や公園などで多く植えられており、日本でも近年では各地で見られるようになりました
【見どころ・エピソード】
この樹はまだ日本ではなじみのない頃に植えられたもので、現在のゲストハウス周辺にありましたが、この地の歴史を引き継ぐ大切な樹木のひとつとして、この場所に再配置されました。

※表示されているマップのうち、西側、南側の公園と道路の一部は、土地区画整理事業に基づき、区に移管されたもので、パークシティ浜田山の敷地ではありません。