ハナミズキ

ハナミズキ(ミズキ科) 学名:Cornus florida

【樹種の特徴】
アメリカ原産の花木で、1912年、東京市長が米国・ワシントンに桜を贈り、その返礼として贈られたことからよく知られるようになりました。4枚の花弁のように見えるのは苞で、15~20個の花は中心に黄色く集まって咲きます。
【見どころ・エピソード】
現在では、公園や庭園の主要花木として人気を集めているハナミズキですが、グラウンドに植栽された当時は、日本ではまだ珍木でした。この木は、グラウンド内でも初期に入れられたもので、国内のハナミズキの中でも最も古いものの1本と考えられます。

※表示されているマップのうち、西側、南側の公園と道路の一部は、土地区画整理事業に基づき、区に移管されたもので、パークシティ浜田山の敷地ではありません。