ハクウンボク

ハクウンボク(エゴノキ科) 学名:Styrax obassia

【樹種の特徴】
日本、朝鮮、中国に分布するアジア固有種ですが、日本では山地に自生し、灰白色の幹が美しい樹です。5~6月頃に樹冠いっぱいにつける白い花を雲に見立てて名前が付けられました。
【見どころ・エピソード】
清楚な姿が人気となり、最近はよく目にする樹ですが、このような大樹は極めて少ないと言えます。花の時期には白雲の名のとおり遠くからでも目を引きます。主幹の枯損が進んでいたため、樹形の再生を図っています。

※表示されているマップのうち、西側、南側の公園と道路の一部は、土地区画整理事業に基づき、区に移管されたもので、パークシティ浜田山の敷地ではありません。